第2回TOMAS交流会 3年生交流大会 第3ブロック ベスト4に進んだチームは・・

TOMAS交流会 練馬区決勝トーナメントベスト4が出揃う!!

12/24にTOMAS交流会練馬区決勝トーナメント初日が終了しました。
2勝すればベスト4。文句なく都大会進出が確定です。
1勝でも、次の順位決定戦で勝利すれば都大会進出が決まります。
これまで、夏から予選リーグを戦い勝ち抜いてきた16チームの生き残りをかけた戦いが始めるということで大泉さくら公園には、クリスマスイブにも関わらず、サッカーバカたちが集結し熾烈な戦いを繰り広げていました。

ベスト4へコマを進めた4チーム

超強風の寒空の中で繰り広げられた決勝トーナメント。
勝ち進んだのは、
・大泉学園
・コレーガ
・PELADA
・開三小
この4チーム。ベスト4入り、都大会進出おめでとうございます!!

FC大泉学園の戦い

大泉学園は、順当かと思いきや、初戦で少し苦戦したようで、FCドラゴンに先制されて後半ぎりぎりで追いつきPKで勝利。
2回戦では、サウスユーベから4点奪ったFCムサシと対戦して、2-0の完封勝利。
FCムサシとサウスユーベの試合も見ましたが、FCムサシは組織的に動いて戦っていて、個々の個人技も高かったので、ひょっとしたら大泉学園に勝つんじゃないか?って思ったんですが・・・やはりそこの壁は高かったのか。。というか、なんか別チームなんじゃないかっていうくらい大泉学園の動きが変わってよくなっていましたね。ちょっと安定感ありすぎます。。やっぱり大泉学園一強は変わらないか。

コレーガSCの戦い

初戦、貫井FCからの失点シーンを見ましたが、ディフェンスの組織力がまだ高くないので、このまま初戦敗退するかと思っていましたが、後半一気に3得点。
緊張がほぐれて肩の力が取れたという感じでもなく、攻守ともに安定した戦いで初戦を突破。
2戦は、UPFC戦。前評判はUPFC有利と勝手に思っていましたが、先制点を取り、後半同点に追いつかれましたが、追加点を取って2-1の勝利。
2点目はPK外したこぼれ球を角度あるところから押し込んでの得点なので、個々の能力は高い気もするんだけど、GKのキックとか、クリアミスとか全体的に組織的に動けていないところなどちょっとつかみどころのないチームという印象。

気になるのは、得点してもされてもあまり歓声のわかない保護者陣。
コーチの声だけが響き渡る変わったチームでした。。。

PELADAの戦い

強風寒すぎてちゃんと見れていないんですが・・
っていうか、雲一つないいい天気なのに、風がめちゃくちゃ強くって超寒い一日でした。これまでの予選は猛暑続きだったのに、今日だけ超寒くって強風の大荒れの天気でしたね。
初戦は8-0で圧勝でしたが、2回戦で戦う光和イレブンも初戦5-0で勝利していて、どっちが地力が上かわかりませんでしたが、光和イレブンは、緊張していた終始硬さが取れなかって様な印象があります。ボールウォッチャーになってしまう選手が多く、グラウンドを広く使うことができなかった印象がありましたね。PELADAとの闘いでもバランスは悪くないのだけど、全体的なチーム力ではPELADAのほうが一枚上手という印象でした。

練馬少年サッカー 公式サイトでは1-0ってありましたけど、7-0ですよね。

開三小の戦い

これ、本当に寒くって、寒くって、寒くって、凍えそうで、意識朦朧な中見ていたので、途中まで開一と開三を逆だと思ってみていました。なんとなく、開一が勝つんじゃないかな。って思っていたんですけど、最終的にはPK戦で4人目までもつれて開三の勝利。
両チームは開進リーグなどで対戦も多いのか、相手の手の内を知っているからかなかなか得点が難しかったように思えます。

個人的には、開三も開一も初戦敗退でベガとカナリーズが勝ち進むと思っていたのですが、開進小系列チーム侮れませんね。

順位決定戦は1/14

惜しくも2戦を勝利で飾れなかったFCムサシ、UPFC、光和イレブン、開一の4チームは都大会進出の残り2席の獲得に向けて1/14に順位決定戦に挑みます。
あと1勝!あと一つ勝てば都大会進出です。
3年唯一の公式戦。最後まで戦い抜いて悔いのない戦いをしてほしいです。