思考の射程距離を伸ばす

子供なりに色々と考えてサッカーをしているようなんだけど、まだまだ、目の前の問題に対する対策で手一杯となり、一人かわした後のプレーが雑になる。

抜く時のドリブルが大きくて、次に来るディフェンスにボールを奪われてしまう。

抜いた先の状況が見えていないためだ。

その先のディフェンスがどこにいるか、それを見て自分はどっちにかわすべきか、抜いた後パスするか、ドリブルか、シュートか?

一度立てたプランは、刻一刻と状況は変わるので、プランの上書きが必要となる。サッカーは非常に頭の使うスポーツである。

ただその訓練を繰り返すことで、試合中の思考の瞬発力も上がるので、動きが早くなるし、その分プレーに余裕ができ、周りの状況を見ての判断ができるようになる。すると、その先の動きが予測しやすくなり、思考の射程距離が広がって行く。

頭ではわかっているんだけど、そう簡単に上手くはいかない。

私が学生時代バスケをやっていた時も、練習では出来るけど、展開の早い試合で実践できるようになるには、相当な反復練習が必要だった(練習嫌いなので、結局中途半端におわってます。。。)

この、反復練習こそが自分の技術力向上になり、プレー中の思考の射程距離を伸ばす唯一の方法だと思っているんだけど、小学生の子供には非常につまらない練習なので、なかなか教えるのは難しいです。