トラップの重要性を学ぶ

我が子は、

とにかくボールを蹴りたい。
思いっきりシュートを打ちたい。
試合に出て活躍したい。
楽しくサッカーしたい。

そんな気持ちが先行して、シュートをたくさんしてしまう。

別に悪いことではない。正しいシュートフォームの練習をしているのであれば。。

ただ、ちょっと待てと。別に点を取る為には、必ずしも強いシュートを打つ必要はない。

例えば、ティエリ・アンリ。ジダン世代に活躍したフランス代表FW。ゴールを量産しているけど、多くのゴールは、インサイドでのシュート。強烈なシュートと言うよりは、ゴールへパスをするイメージに近い。
これを実現する為に必要なのは、オフザボールの動きと、ボールを受けた後の正確なボールコントロール。

今、我が子は、トラップが下手だ。いいボールをもらっても、トラップでミスして、チャンスを逃す。

これをどう改善すべきか考えて一つのDVDにたどり着いた。

理論も踏まえてとてもわかりやすく解説している。

風間八宏さんと言えば、現在名古屋グランパスの監督。その前は川崎フロンターレを率いていて、独特な指導をすると言われていたけど、DVDはとても詳しく、止める技術の重要性を説いている。

Vol.1に止める技術を持ってきているのも風間さんが止める技術を重視している事がうかがえる。

問題は、子供が見て重要性を理解して練習をするかどうかだ。