ポーランド戦への想像以上の批判が嬉しく思う今日この頃

日本代表は世界的に見たら強くない。
FIFAランキング61位だ。
誰が見ても明らかな事実。

決勝Tの顔ぶれ見たら、誰が見てもベルギーはラッキーと思う。

まぁ、それは私も異論なくそう思う。

じゃあ、ポーランド戦の戦いは、必死に点を取りに行かない姿が恥ずかしいのか?
必死に決勝Tへのキップを取りに行った姿として、ファンサービスよりも今後の日本代表の戦いを変えるかもしれない、目の前の勝ちを捨てて、引き分けすらも望まない戦いが見にくいのかと言うと、全くそうは思わない。

がむしゃらに点を求めて攻撃して果てた方が良いのか?

点取れたかもしれない。けど、取れない確率は?
セネガルが同点になる確率は?
ポーランドに追加点を取られる確率は?

西野監督は結局のところ、確率の高い戦いをしただけなんだろうと思う。

何も醜くはない戦いで、決勝Tに進んでも批判される事を覚悟の上での戦い。

なんか一つ日本代表がステージを上げたように思えた。