ギリギリの決勝T進出!

ポーランドには負けたけど、辛くもグループリーグ突破!

コロンビアには感謝しても仕切れない

日本が決勝T進出する1番可能性が高いのはセネガルの勝利

そう思っていたんだけど、カード累積数の戦いになるとは全く想像してなかった。

西野さんも日本が失点した時は、同点に持って行く戦術に切り替えたのだと思うが、コロンビアが得点してからは長谷部を入れてキープを選択。

かなり難しい判断だったと思う。

セネガルが追いついたら。。
ポーランドに追加点入れられたら。。

決勝Tに行けない可能性もかなり残っている状況でキープの選択。
突破できなきゃ大バッシングも覚悟していたんだろうと思う。
この選択をしたのはポーランドが既に決勝Tに進めない状況だった事が大きな要因だと思う。
ポーランドが追加点を取れば決勝Tに進める。というような状況で必死に攻めてくる状況でこの博打的、他力本願的戦術は選ばなかったと思う。
実際にポーランドも攻めてこないで、西野監督の思惑通り決勝T進出を果たした。

キープの戦術に切り替えてからの試合は深夜まで起きてたファンにとってはつまらない試合展開だった。
ただ、目下の目標はグループリーグ突破。
見に来ている観客に楽しい試合を見せる事ではない。
と、考えたら、価値のある戦いであり、決してブーイングを受ける試合展開ではなく、勝つための戦術として賞賛されるべきだと思う。
少なくとも、日本人ファンがブーイングしていない事を信じたい。
目の前の勝利にこだわる事なく、グループリーグ突破する戦術をしたからこそ、決勝Tでの日本代表が観れることになったのだから。