ガーナ戦メンバーを見て思う事

ガーナ戦の27選手が発表されました。

大方の予想通りビック3の名前があり、やはり彼らは外せないのだと思いました。

ただ、逆にビック3は前回W杯からの実績であり、すでにベテラン。
彼らを凌駕する若手がまだ育ってはいないのだろう。
という、残念な思いもあります。

そして、そのほかのメンバーを見ると、海外組メインの構成。これも、まぁ、想定内なんだけど、これがそのままJリーグの世界における立ち位置を示しているのだろうと思うと、もっとJリーグを盛り上げて行きたいですね。

国内組の選出は、こんな感じ。
5/18時点の順位とチーム、そして選出数を描いてみました。
10位のアントラーズから最大3名が選出。DF2名、MF1名。必ずしも今の順位と代表選考には因果関係はないんですね。
なんとなく聞いた名が多いので、短期で選ぶなら、どうしても知名度に頼ってしまうのでしょうか。

1.サンフレッチェ 1名
4.フロンターレ 1名
5.セレッソ 1名
10.アントラーズ 3名
11.レイソル 1名
13.レッズ 2名
16.ガンバ 1名

今回のW杯が終わって新しいスター選手が誕生することを期待したいです。