加熱式たばこは良いけどそれ吸う最悪な男に出会った話

最初に言っておくと、私はタバコを吸わない。嫌いだ。煙も匂いも大嫌いだ。なので、同僚がタバコ休憩を終えて戻って来た時は、その体にまとわりつくタバコの悪臭がとても気になってしまう。でも、最近の喫煙家は、肩身の狭さを感じているのか、歩きタバコは減ったし、わざわざ喫煙ルームまで行って吸っている。そこまでしても吸いたいのだぁって思うと、なんかもう病気なんだなぁ、仕方ないなぁと、あまり不快に感じなくなっていた。

そして、そんな同僚から最近タバコ臭が減って来た。

「禁煙中?」と聞くと、プルーム・テックを使いはじめたらしい。

プルーム・テック??

何だろう?
タバコの銘菓のひとつか?

私がキョトンと立って考えていると、加熱式たばこの事と教えてくれた。
全然匂いもしないし、タバコよりも美味しいらしい。
ニコチン摂取するので、タバコなんだろうけど、周囲にいても匂いが気にならないので、非常にありがたい。火も使わないから安全らしい。

でも、やっぱり加熱式たばこは「タバコ」に分類されるのか、吸う時は喫煙室に行っている。きっと歩きタバコもやらないのだろう。誰かに当たって怪我させるってリスクもないのに。。。歩きスマホよりもよっぽど安全なのに、喫煙室でしか吸わない。

個人的には仕事中に自分のデスクですっても何ら問題ないように思える。
なんなら、キムチ入りの弁当をコンビニで買って職場で食べる人の方がよっぽど迷惑なくらいだ。

でも、本人的にはモラルの問題というか、これまで喫煙者として肩身の狭い思いをして来たからかデスクで吸うのは憚れるらしい。
ポテロング口に加えて仕事しているのとさしたる違いは無いのに気の毒な事だ。モラルってなんだろうと考えさせられる。
結局喫煙室行くので、他人のタバコの匂いつけて帰ってくる。そして、従来のタバコの匂いも嫌になって来たらしい。

そして最近・・・
喫煙室から帰って来た彼は私に、

「いつまであんなタバコ吸ってるんでしょうね。あんな不味いし臭いし、いつまでもあれ吸ってるやつが信じられない。プルーム・テックの方が全然うまいのになんで変えないんだろう。残念な人たちだ。こっちがプルーム・テック吸ってても、周りがタバコだから匂いがくっついちゃうんですよー」

と。。。

それ聞いて、無性に腹が立って来た。
ちょっと前までは、ヘビースモーカーでいつも匂い纏ってたやつが、喫煙者を馬鹿にしているこの様。
こっちは、そんな喫煙者がたくさんいる職場で、文句ひとつ言わずに受け入れてたのに、それをプルーム・テックに切り替えただけで、喫煙者を否定すんなよ。私が1番お前のそばで喫煙帰りの不快な匂いに悩まされて来たんだよ。そんな文句言うなら喫煙室行かなきゃいいじゃねーか。

あーなんかムカつく。
プルーム・テック愛好者最悪!!
ん?そいつの性根が腐ってるのか。。