日本代表2試合を見て感じたこと

マリ戦とウクライナ戦の2試合、いずれも得点しているけど、勝利を手繰り寄せる事が出来ず見てて満足感が得られない残念な試合、という印象ですね。

原因はシステムなのか、選手層の薄さか、そもそもの日本レベルが低いのか
どれもそうなんだろうけど、見てて思ったのは今回のワールドカップでの主役がいないって事なんじゃないかな。

前回大会で活躍した選手が今回もまたベテランとして活躍している。
若手で海外で活躍している選手は増加しているけど、主役を張れるというか、ある種セルフィッシュな選手というのがいないがために、我の強い前回大会の主要選手達に遠慮しているような。
自分たちが主役だー!!って、若手をまとめる選手がいない。

ベテランの存在が大きすぎるのか、そもそも若手がおとなしいのか。自分たちがハリル監督とガンガンディスカッションして、シンクロして、自分達の世代に展開する。
そういう選手が出てきて監督の戦術やらチームを取りまとめるって役割を担う若手がいないのが、今の代表の大きな問題に思える。
過去いい成績を残した代表にはその世代の強烈なリーダーシップを取る選手がいたけど、今の世代にはいない。ベテランがまだ幅利かせてる。遠慮していてる。

これが今の日本代表で1番改善しなければならない問題だと思う。

ウクライナ戦の後半中嶋が撮ったFKを宇佐美が蹴ると指示していたが、中嶋本人が宇佐美に自分が蹴ると申し出て宇佐美は譲り中嶋が蹴った。
代表2試合目で我を見せる中嶋と、キッカーを譲って引き下がる宇佐美。

どっちがFWとしての素養があるのか。
見た目的には宇佐美の方が譲らないように思えるが、内面は逆だったとは面白い。
中嶋が今後のよりセルフィッシュな一面を見せて、今世代の代名詞になるのかわからないけど、何らかの化学反応を期待したいと思わせるシーンでした。