運転手のミス?それとも警備員のミス?

とある、ショッピングモールの駐車場で、車を先導している警備員がいて、彼が歩行者がいるので車の侵入を制止していた。

一通り歩行者がいなくなったので、警備員は、制止を解いて車が動き出したんだけど、自転車がすごい速度で横切って、車と衝突して自転車に乗っていた人がどうのに投げ飛ばされる大惨事!!

 

 

を想像してしまうシーンに出くわした。。。

幸い運転手が気づいてブレーキしたので事なきを得たのだが。

これ、もしも自転車にぶつかってたら、運転手のミスになるよなぁ。

でも、警備員は「入れ入れ」って赤い棒を振り回していたので、それ信用して突っ込んでたのだとしたら、警備員の過失に当たるのか。

じゃないと、入れ入れ詐欺みたいで、納得いかないよな。警備員は車を入れようとしてるんだから、自転車侵入を制止するのが警備員の仕事だろうし、警備員無視して自分で判断した方がよっぽど安心だし。

 

まぁ、年末のクリスマスまえに、誰も怪我人出なかったので、良いのだけど、その時の警備員の赤い棒を振り回す様がとても必死だったので、あの棒なんていう名前なんだろう。

と気になって調べたついでに、年納めの日記を書いてみました。
あの赤い棒、「保安指示灯」と言うらしいですね。

 

それでは、良いお年を。。