私立高校授業無料化の悲劇

今年度から始まった『私立高等学校等授業料軽減助成金事業』

恩恵を受ける対象者は年収目安約760万円未満の世帯

いったい、どれだけの人が助かるのか。。

東京都民の平均年収は600万位だから、半数以上の家庭が楽になるのかな。でも、私立高校通うには、それなりの塾通いが必要で、それができるって家庭はなんとかやりくりできるはずで、問題は私立に通うための塾通いする塾代が払えないってことの気がするが、そこへの手当ては無いのかね。。

じゃあ結局、偏差値低い都立に行くので、あまりありがたく無いのか。。

都政が考えるべきは、私立に通う世帯ではなく、そこを充実する前に、都立高校の設備の充実じゃないのかね?

都立高校の教員の質向上じゃないのかね??

それで、都立人気を高めて、都立のレベルも上げて、大学進学率上げてって、人ではなく環境にもっとフォーカスした方が良いと思う。

そうじゃないと不平等なきがする。