ノヴァコヴィッチが現役引退。Jリーグでの活躍を振り返った・・

日本のJリーグの3クラブでも活躍したスロベニア代表FWミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチが、現役引退を表明した

ノヴァコヴィッチは2006年からオーストリアのケルンに所属していたが、

  • 2012年に大宮アルディージャ
  • 2014年に清水エスパルス
  • 2015年に名古屋グランパス

とJの3クラブで活躍をしていた。

その後は母国スロベニアのマリボルへ移籍して今シーズンで引退を表明する事となった。

Jリーグでの4年間、ノヴァコヴィッチはどんな活躍をしていたか調べて見た。

  • 大宮アルディージャ・・・23試合12得点
  • 清水エスパルス・・・34試合13得点
  • 名古屋グランパス・・26試合5得点

まぁ、名古屋時代は多少精彩を欠いていたが、安定して活躍していて、大宮、清水共に在籍時代はJ2降格の危機を救った救世主的な扱いも受けていた。。。

んで・・・、ちょっと待てよ。

偶然か、呪われてるのか、この3クラブ、ノヴァコヴィッチ退団直後にどれもJ2へ降格しちゃってないか?

大宮アルディージャは2015年にJ2降格、清水エスパルスは2016年にJ2降格、名古屋グランパスは2017年にJ2降格。と、どのクラブもノヴァコヴィッチ退団の翌シーズンの成績が振るわず、J2降格している。

偶然か必然か・・・

退団するとそのチームは降格する。それだけ聞くと不吉な選手とも取れるが、よくよく考えると、その選手のチームでの影響が非常に大きな影響力を、持っていたのではないか。とも考えられる。

不吉だと思われるべきは退団後降格するのではなく、入団後降格する選手だな・・・。そんな不吉な選手がいるのか探そうと思ったが、見つけたところで、気の毒になるだけなので、辞めておく。

で、降格した大宮と清水は1シーズンをJ2で過ごすが、翌シーズンはJ1復帰を果たしている。ノヴァコヴィッチスピリッツを思い出して、チーム一丸となって戦った結果かどうかはわからないが、とにかく1シーズンだけで復帰を果たしている。

現在、名古屋はJ2を戦って第3位。長いリーグを終えて無事にJ1復帰を果たして、ノヴァコヴィッチが退団したチームはJ2降格するが、翌シーズンには完全復活する。と言うところまでをノヴァコヴィッチ伝説にしてあげてほしい。

ノヴァコヴィッチ選手、本当にお疲れ様でした。