JA東京カップ練馬大会から見る、子供を入れるべきサッカークラブは?

JA東京カップ練馬大会が2回戦までの進出チームが出揃って来ました。

JA東京カップ練馬大会結果

順調に勝ち進んでいるのは、FC大泉学園。シードながら二回戦で大泉ロッソ相手に15対1の横綱試合。

そして、サウスユーベ、光が丘FCドラゴンや練馬FC、PELADA FC、FCムサシも順調に勝ち進んでいますね。コレーガはここの 最近勝ちが遠ざかっているように思えますね。

見慣れないチームワンハートSCが3回戦進出

これまであまりリーグに登場していなかった、聞きなれないチームであるワンハートSCが今大会で2回戦まで勝ち進んでいます。UPFC(ウナ・プリマヴェーラ)が勝ち進むと思っていたところをワンハートSCがUPFCにPKで勝利しています。

ワンハートSCのホームページ
ホームページを見るとワンハートSCは、2017年4月より「東京都少年サッカー連盟 第三ブロック 練馬区少年サッカー連盟」に加盟したばかりの新しいチームのようです。U8まではスクールで、U9からはクラブとして活動しているようです。スタッフが充実していて、足元の技術と頭を使うサッカーを目指しているようで、今後練馬区のサッカー勢力図を変える存在になってくるのではないかと注目すべきチームではないでしょうか。

練馬区のサッカーチームは光が丘近辺で活動しているチームが非常に多いです。合併してしまえば選手が分散されずに練馬区のサッカーレベルも上がるのにと思ってしまうのですが・・・。

練馬区のチーム出身でFC東京で活躍している選手達