練馬区立光和小学校がICT機器活用モデル校に選定されて、2017年度からICT機器を活用した授業が開始される

練馬区の光和小学校とは

西武池袋線「石神井公園」駅から北へ徒歩約2分の立地にある小学校。
著名な卒業生には池上彰、假屋崎省吾、檀ふみなどがいます。
2002年に文部科学省エコスクールパイロットモデル事業・認定校に指定され練馬区では人気の公立小学校です。

石神井公園界隈の建設中の戸建てで、電信柱などに貼られているチラシには「光和小学区内」という謳い文句が付けられているチラシも多いくらい公立小でありながらある種のブランドと化している様な雰囲気もある。校舎の形もちょっと変わった形で一般的な全教室が校庭に面して横長の作りとは異なっている様な感じがします。校舎の中に入ったことはないけど、外から見ると凹凸の激しい作りです。私立っぽいといえばそうとも見える。

ICT機器活用モデル校に選出

そんな光和小学校がICT機器活用モデル校に選出されています。光和小学校と大泉桜小学校がモデル校となっていて、2017年度から「練馬区学校 ICT 環境整備計画」の第二フェーズに入り、モデル校では、デジタル教科書や各教室に60インチの電子黒板を導入し、教員にはタブレットを使った授業が行われるようです。
いずれは各生徒に一台のタブレットが配布されて、ノートの利用少なくなって行くのではないかと思われます。
タブレットなどの導入により、映像、動画による教育や、画面の共有、板書した内容を瞬時に生徒のタブレットにコピーするなど、授業の質や効率性が向上することが考えられますね。

一方で子供のインターネットへの依存や有害サイトへのアクセスなど負の影響、また、公立小学校の教員のITリテラシーの低さによりツールを活かした教育指導ができないのではと言う懸念も考えられます。

モデル校とは

練馬区のモデル校だから教員も皆優秀。と考えるのは安易で、教員も日々試行錯誤、研究をしながら教育指導を考えているのだと思うので、最新の技術をいち早く導入したとしても、自発的でなければ宝の持ち腐れになり、良質な研究の成果も得られなくなってしまっては、未来の革新的な教育方針への足枷にすらなりかねない。

モデル校というと、勝手なイメージだけど他校が参考にするというイメージで、お手本の様な存在。だから優秀な教師を集めて研究を行うという感じ。国立小でいうところの筑波大附属小みたいな。モデル校のイメージってそんな感じだけど、多分光和小はそうではなく、無作為に集められた教員免許を持った教師達がいるだけ。

そう考えると、モデル校というより、実験校の位置付けが強いのだろう。強い意志、志を持った教師ではなく、たまたま赴任した教師が、新しいツールを使ってどの様に教育指導が出来るのかを実験する。そんな感じだとしたら、モデル校とは名ばかりでモルモット校に近い。

私の勝手な想像だけど、教師がモルモットならそこで教わる生徒はモルモットのモルモットになってしまう。そうならない様に、教員への指導方法も教育委員会で明確に指針を出して欲しいと切に願う今日この頃。
まぁ、ちゃんとしたプランがあって、モデル校も選ばれているのだと思いますが。。。